楽屋ならコストを気にせず理想の家が建てられる

つみ木

暮らしやすさが人気

模型

気候や価格面でのメリット

昨今では、休暇または老後の人生を楽しく過ごすために、リゾート地で中古一戸建てを購入する人が増えています。リゾート地は国内にも多数ありますが、その中でもひときわ注目されているのは瀬戸内海沿岸です。日本で最も気候が温暖とされている上に、雨量が少なく地震も発生しにくいため、快適に安全に暮らすことが可能となっているからです。特に岡山の中古一戸建てには、高い需要があります。岡山には新幹線が通っているので、近畿地方と九州地方にスムーズにアクセスできます。さらに、自動車道や橋など利用することで、山陰や四国にもアクセスできます。このように様々な地域へのアクセスが良いことから、岡山の中古一戸建ては、セカンドハウスとしての利便性が高いと言えるのです。また岡山の中古一戸建ては、全国平均と比較すると価格が安いという点でも関心を寄せられています。もともと中古一戸建ては、新築一戸建てよりも安く購入できますが、それでも全国平均は2500万円ほどとなっています。ところが岡山の中古一戸建ての平均価格は、2000万円弱です。広さや築年数によっては、1000万円以下で購入できることもあります。この価格の安さから、岡山の中古一戸建てには、セカンドハウスだけでなく、ファミリーが過ごす本宅としての需要もあります。安い分、床面積が広くても比較的購入しやすく、家族でのびのびと生活することができるからです。建築後ある程度の月日が経過しているため、子供やペットなどが多少汚してもストレスになりにくいというメリットもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加